ワタクシ、寂しがり屋です。


このせいで、
ガマンすることに逃げたり
色々縛りを作ってしまったり
してました。


ガマンをし続けると
いつかバクハツします。


バクハツするたび
パートナーを混乱させます。


パートナーによりけりですが
バクハツすることによって
関係性を終わらせるか
自虐させてしまいます。


自虐させることにより
なんらかの縛りを作ります。


この縛りは、改善という
美しい形で成立します。


そして、関係性が回復したかの
ように見え、しばらくご機嫌な
日々が続きます。


けど、またいろんな形で
同じ問題が繰り返し出ます。


その都度、バクハツしては
改善という形で…と、
同じ繰り返しになります。


ただ、このシステムもいつかは
機能しなくなります。


機能しなくなってきて初めて
パートナーシップを
真剣に向き合うことになります。


向き合うことで、
見たくない、知りたくない
事実が出てきます。



話が長くなりましたが、
こうやってこじれてしまった
ワタクシ側の原因は
極度な寂しがり屋であると。


前から、寂しがることさえなければ
もっと楽やのに…とは思ってました。


方法論とすれば、
寂しがる根本治療、
いわゆる原因を見つけ癒すこと。


もう一つは、依存から自立へ
内に内にこもりがちなのを
外へ!外へ!


外へ目を向けすぎて…
ってならないようにしつつ…


いや、今のワタクシは
やりすぎてちょうど
パートナーとのバランスが
取れる感じです。



同じく寂しがり屋な梅子さん

image




まだカーテンが閉まってる寝室に
やってこられました。



ライブドアブログof The Year2015
編集部賞受賞ブログ ⇒ 梅子の部屋